人事採用のプロが教える。国防人のための「使える」キャリアコラム

自衛隊のみなさま、日々国防の仕事に
従事くださり本当にありがとうございます。
心から感謝いたします。

前回は、立ち直れる人と
立ち直れない人の違いについて、
聞いたら即動くのが
立ち直れる人で
立ち直れない人は、
ただ話を聞いてほしいだけ、
という話をしました。

うまく行く人は解決策を求めます。
だから相談する人は
1人で十分なのです。
その人で解決しなかったら解決しないし、
その人でほぼ全てのことが解決するのです。
その人に聞いてわからなかったからといって
他の人に聞くことはありません。
この人にと聞いてそれでわからなければ
自分で考えるより他はない、
からです。

うまく行かない人は知識を聞きたがり、
うまく行く人は知恵や考え方を聞きます。
自分が「先生」と思う人がいたら
その「先生」に聞けばいいのです。
経歴とか肩書とかは関係ありません。

「〇〇〇のことだったら、Aさんに聞いてみたら」

それで、そこから先につながることはあっても、
聞く人はたった1人でいいはずなのです。
これはうまく行く人に共通する行動特性です。

(了)

援護を援護するこのコラムはいつか訪れる
定年後のセカンドキャリアに活かせて、
「使える」再就職・キャリアのポイントを
毎回わかりやすく解説します。

毎週月曜日掲載です。

「援護を援護する」2023年総集編 第1回~第33回
第34回  上司がいなくてもまわる職場をつくろう
第35回  トラブルやアクシデントに感謝しよう
第36回  それは考えなくていいと言える人になろう
第37回  立ち直れる人と立ち直れない人の違いを知ろう

画像: 「援護を援護する」第38回 知識より考え方を聞く人になろう

筆者プロフィール

石塚 毅(いしづか たけし)

1970年新潟県出身。

前職のリクルートでは年間MVP受賞をはじめ表彰多数。人事採用のプロ。
これまで7000社の採用支援、2万人以上の個人向けキャリア相談実績あり。
サイパン島で戦死した陸軍少尉の祖父を持つ。


株式会社 求人
http://kyujin-boshu.com/



This article is a sponsored article by
''.