140分の飛行時間を可能にしたハイブリッド型ドローン

画像: 飛行するAeroRangeQuad

飛行するAeroRangeQuad

 エアロジーラボ社の開発するAeroRangeQuadは、エンジン発電機と燃料を機体に搭載し、発電した電気を動力源として飛行するハイブリッド型ドローン。従来型のドローンと異なり、バッテリー交換不要で最大140分の飛行を可能にしている。動力をバッテリーのみに頼らないため、これまでのバッテリー充電時間の手間や劣化による交換コストなども大幅に解消される。

画像: 極めて高い剛性と軽量性を誇るカーボンファイバー製ボディー

極めて高い剛性と軽量性を誇るカーボンファイバー製ボディー

 カーボンによる一体成型フレームを採用し、軽量化と高強度を実現。カーボンフレーム内部の空洞を燃料タンクとした構造は、レーシングカー技術を応用し、これらの技術並びに配置や貯留方法は特許を取得している。また、機体全体も衝撃がフレームにおよびにくい設計(フレキシブル構造)にしており、燃料タンクを守る高い安全性を実現。

画像: 機体は完全に国内アセンブル。日本のものづくり品質にこだわり開発を行っている

機体は完全に国内アセンブル。日本のものづくり品質にこだわり開発を行っている

画像: 扱いやすさを考慮した機体構造

扱いやすさを考慮した機体構造

 石油燃料を使わず、ユーグレナ社のバイオ燃料によって飛行することも可能だ。ユーグレナ社はミドリムシから抽出したバイオ燃料の開発を行うバイオテクノロジー企業で、このバイオ燃料は、燃焼時に排出したCO2(二酸化炭素)を光合成によって吸収するという、極めてCO2フリーなもの。SDGs(持続可能な開発目標)にも取り組んでいる。

画像: 二酸化炭素の排出を抑えたユーグレナ社のバイオ燃料を使用することも可能

二酸化炭素の排出を抑えたユーグレナ社のバイオ燃料を使用することも可能

 そのほか、AeroRangeQuadには「赤外線カメラ」「暗視カメラ」「サーチライト」「配送ボックス&ウインチ」など、さまざまなソフトウェアやアプリケーションを搭載できる。機能美を追求した格調高いデザインに加え、あらゆる社会問題を解決するための機能が備わったハイスペックドローンだ。

画像: さまざまなソフトウエアやアプリケーションを搭載することが可能/暗視カメラ・赤外線カメラ

さまざまなソフトウエアやアプリケーションを搭載することが可能/暗視カメラ・赤外線カメラ

画像: サーチライト

サーチライト

画像: Lidarセンサー

Lidarセンサー

画像: 配送ボックス

配送ボックス

画像: PFD(ライフジャケット)

PFD(ライフジャケット)

画像: パラシュート

パラシュート

AeroRangeQuad主な仕様
機体寸法1280mm
乾燥重量14.3㎏
最大ペイロード5.0㎏
最大飛行時間140分(ペイロードなし)
90分(ペイロード2.0㎏)
60分(ペイロード3.0㎏)
フライトコントローラーPixhawk
ハイブリッド・パワーユニット発電出力(最大)2.0kW
発電出力(連続)1.8kW
エンジン形式空冷2サイクル
排気量32cc
使用燃料混合ガソリン
※開発中の機体のため、仕様が変更になる場合があります。
画像: 【Promotion Video】AeroRangeQuad www.youtube.com

【Promotion Video】AeroRangeQuad

www.youtube.com

画像: 【日本を護る VOL.02②】ハイスペックドローン「AeroRangeQuad」を紹介|株式会社エアロジーラボ

株式会社エアロジーラボ
〒562-0011
大阪府箕面市如意谷1-12-26
072-722-3350
https://aerog-lab.com/

(協力:株式会社エアロジーラボ)

→【日本を護る VOL.02】ドローンで国民の生活と安全を守りたい


This article is a sponsored article by
''.