画像1: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊

 陸自西部方面隊(総監・本松陸将)は12月3日から16日の間、西方管区で実施された令和元年度「日米共同方面隊指揮所演習(YS77)」に隊員約1550人を参加させた。宇宙・サイバー・電磁波の新たな領域における能力と、陸海空の従来の能力を有機的に融合した「領域横断作戦」の具体化に向けて練度を向上させるのが目的。陸自5コ方面隊のほか、陸海空自の各部隊合わせて約6400人と、米陸軍の約1600人が訓練に臨んだ。

 9日、健軍駐で行われた訓練開始式で、自衛隊側の指揮を執る西方総監の本松陸将は、「陸自の多次元統合防衛力の先駆者としての自覚を持ち、訓練の成果を今後につなげる着意を持って臨め」と要望した。米陸軍側の指揮官である40歩兵師団長のイェーガー少将は「この演習を通して日米の最先端かつ一流の部隊間の即応性と相互運用性をさらに強化できると確信している」と述べた。

 期間中、西方と米陸軍40歩兵師団の隊員たちは、それぞれの指揮系統に従って共同作戦を行う際の指揮幕僚活動を演練した。

画像2: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊
画像3: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊
画像4: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊
画像5: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊
画像6: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊
画像7: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊
画像8: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊
画像9: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊
画像10: 日米共同で指揮所演習|陸自西部方面隊

◆関連リンク
陸上自衛隊 西部方面隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/wae/

令和元年度日米共同方面隊指揮所演習(日本)(YS-77)
https://www.mod.go.jp/gsdf/news/train/2020/20200117.html



This article is a sponsored article by
''.