【滋賀】陸自中部方面混成団(団長・芝1陸佐)は6月22、23の両日、海田市駐で47普連に対して訓練管理検閲を、7月2日から10日の間、同駐と日本原演習場で計画作成に引き続く実動検閲を実施した。

 新型コロナウィルス感染拡大のため、令和2年度の6月以降の訓練再開を受け、即応予備自衛官招集訓練が一部中止になる状況下、47普連所属の即応予備自のうち約140人が参加した。

 日本原演習場における訓練開始式で、統裁官の6師団混成団長は「各級指揮官は、自己の位置を常に考えながら指揮の要訣を実践せよ。各隊員は、基本・基礎はもとより、フォロワーシップを発揮して、指揮官をしっかりと補佐せよ」と訓示した。

 隊員たちは、7月5日の海田市駐屯地からの車両移動に引き続き、30キロの徒歩行進、敵警戒部隊の駆逐、第一線陣地への攻撃、連隊目標への攻撃を4夜5日の連続状況下で実施、最終日の9日には連隊目標を奪取、任務を完遂して訓練検閲の状況を終了した。

 隊員は、7月5日の同駐からの車両移動に引き続き、30キロの徒歩行進、敵警戒部隊の駆逐、第一線陣地への攻撃、連隊目標への攻撃を実施。9日には連隊目標を奪取し、任務を完遂した。

 検閲に参加した即応予備自からは「常備自衛官と同じことをするので、しっかりと訓練しないと力になれないことが分かった」「体力的には厳しいこともあったが、目標に向かって皆が同じことをしているので最後まで頑張れた」「一般の会社では通常やらないことなのでやりがいがあった」などの声があった。

画像1: 即応予備自140人が実動検閲|陸自中部方面混成団
画像2: 即応予備自140人が実動検閲|陸自中部方面混成団
画像3: 即応予備自140人が実動検閲|陸自中部方面混成団
画像4: 即応予備自140人が実動検閲|陸自中部方面混成団
画像5: 即応予備自140人が実動検閲|陸自中部方面混成団

◆関連リンク
陸上自衛隊 中部方面混成団
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/macb/

陸上自衛隊 第47普通科連隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/macb/47i/newpage7.html

陸上自衛隊 海田市駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/13b/kaitaiti/

陸上自衛隊: 予備自衛官制度
https://www.mod.go.jp/gsdf/reserve/

予備自衛官補|自衛官募集ホームページ|防衛省・自衛隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/15.html


This article is a sponsored article by
''.