画像1: 隊員制作のジャンボすべり台に長蛇の列|滝川駐屯地

 滝川駐10即機連(連隊長・伊與田1陸佐)は1月26日に新十津川町で開かれた第29回「しんとつかわ雪まつり」を支援した。まつりは雪像のほか、出店者が冬鍋の味を競い合う名物イベントとして知られる。

 2普通科中隊を主力とする隊員約30人は、昨年12月中旬から約1カ月半にわたり、連日の厳しい冷え込みの中でジャンボすべり台や特設メインステージを制作した。当日は晴天に恵まれ、約5800人の町民や観光客らが来場。多くの来場者が見守る中、オープニングセレモニーですべり台などが雪まつり実行委員会に引き渡された。

 隊員たち制作のジャンボすべり台には子供たちの長蛇の列ができ、特設ステージ上では雪の上で中華鍋に乗って押し合う「国際中華鍋押相撲選手権」が行われ、終日にぎわった。

画像2: 隊員制作のジャンボすべり台に長蛇の列|滝川駐屯地
画像3: 隊員制作のジャンボすべり台に長蛇の列|滝川駐屯地
画像4: 隊員制作のジャンボすべり台に長蛇の列|滝川駐屯地
画像5: 隊員制作のジャンボすべり台に長蛇の列|滝川駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 第10即応機動連隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/11d/jgsdf-post/images/takikawa/10itop/10itop.html

陸上自衛隊 滝川駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/11d/jgsdf-post/images/takikawa/newtop/newtop.html


This article is a sponsored article by
''.