画像1: 高齢者宅 除雪ボランティアに隊員175人|空自千歳基地

 空自千歳基地(司令・德重空将補)は1月26日、千歳市営住宅地区での除雪ボランティア活動「スノーバスターズ2020」に德重司令以下175人で参加した。

 スノーバスターズは、青空東北会(千歳青年会議所、空自千歳基地、陸自東千歳、同北千歳駐の4団体から、1文字ずつ取って命名)が主催。毎年、町内会から要望があった地域で高齢者住宅の除雪ボランティアを行っている。近年は活動の趣旨に賛同する近隣中学校や企業など多くの団体も参加。重機を所有する企業からの無償支援もあり、今回は580人を超える人員となった。

 隊員たちは、とみおか公園に集まり、開会式後、担当エリアへ前進。住民と交流を図りながらスコップやスノーダンプ(両手で扱う除雪道具)を使い、降り積もった雪を運び出して生活道路を確保した。

画像2: 高齢者宅 除雪ボランティアに隊員175人|空自千歳基地
画像3: 高齢者宅 除雪ボランティアに隊員175人|空自千歳基地

◆関連リンク
千歳基地|防衛 [JASDF] 航空自衛隊
https://www.mod.go.jp/asdf/chitose/

購読リンクPC 購読リンクSP

This article is a sponsored article by
''.