画像: 武装走競技会|福島駐屯地

 福島駐44普連(連隊長土肥1陸佐 ※『土』は正しくは土の右上に点)は、10月31日、11月1日の両日、同駐などで連隊武装走競技会(射撃含む)を行い、隊員の戦技能力向上を図るとともに部隊の団結強化、隊員の士気高揚を図った。

 参加したのは550人。隊員は重さ10キロを超える背のうや小銃などを携行し、約3キロを激走。日頃の訓練成果を発揮した1中隊が4連覇を達成した。

 武装走の教官を務めた1中隊の黒岡俊彦2陸曹は「熱意を持って指導してきましたが、優勝できたのは中隊一丸となり、また隊員一人一人が自分に厳しく訓練に励んだからです」と話した。

 44普連は「6師団武装走競技会の優勝に向け、隊員一丸となって練成を重ねていく」としている。


◆関連リンク
陸上自衛隊 福島駐屯地
http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit_hp/fukushima_hp/



This article is a sponsored article by
''.