画像: ブルーインパルス 飛行初め|空自松島基地

 空自松島基地4空団(司令・松尾空将補)は1月7日、同基地で飛行初めの訓練を行った。訓練の様子は報道機関に公開され、新聞やテレビなど7社が取材した。

 11飛行隊のT4練習機5機(ブルーインパルス)が金華山沖、21飛行隊のT1練習機1機とF2B戦闘機4機が三陸沖洋上エリア、救難隊のUH60Jヘリコプター1機が松島飛行場周辺でそれぞれ飛行した。

 松尾司令は取材陣に対し「新年おめでとうございます。今年も松島基地は東日本大震災の復興のシンボルとして、地域の皆様とともに未来へ向かって歩んでいくため、飛行安全に万全を期し、各種任務に邁進してまいります」とコメントした。

 松島基地広報班は「今年も多くのメディアに集まってもらい、飛行初めを無事に終えた。今後もSNSやホームページを活用して積極的に情報を発信し、地域住民の自衛隊理解を深化させていく」としている。


◆関連リンク
航空自衛隊 松島基地
http://www.mod.go.jp/asdf/matsushima/index.html

ブルーインパルス|広報|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/blueimpulse/



This article is a sponsored article by
''.