画像1: USO顕彰式で表彰|陸自15旅団

 陸自15旅団15ヘリコプター隊の川口徳文3陸曹は5月18日、米空軍嘉手納基地で開催された第48回「USO顕彰式」に出席し、航空機整備の功績や日米の絆向上に貢献したとして表彰された。

 USO顕彰式は年に一度、沖縄に所在する米軍陸海空軍や海兵隊から優秀な2、3曹クラスの下士官1人を選出し表彰する米軍の伝統行事。

 陸海空自衛隊からも、それぞれ隊員が表彰され、海自からは5空群5空隊の原田直紀2海曹、空自からは5高群16高隊の吉田翔太郎2空曹が表彰された。

 川口3曹は「沖縄での勤務は様々な面で日米交流ができるため、よい経験になっている。今後も日米の絆を深められるよう日々努力していく」と話した。

 15旅団は「今後も米軍や県民との絆を深められるよう日々の勤務に邁進していきたい」としている。

画像2: USO顕彰式で表彰|陸自15旅団
画像3: USO顕彰式で表彰|陸自15旅団
画像4: USO顕彰式で表彰|陸自15旅団

◆関連リンク
陸上自衛隊 第15旅団
https://www.mod.go.jp/gsdf/wae/15b/15b/



This article is a sponsored article by
''.