画像1: 「友情」テーマに日米コンサート|陸自15旅団

 陸自15旅団(旅団長・中村陸将補)は9月14日、沖縄市民会館で第15音楽隊と米海兵隊第3海兵機動展開部隊音楽隊による第24回「日米ジョイントコンサート」を開いた。聴衆は約1500人。令和初のジョイントコンサートでは新たな時代に相応しい曲目や観客が身近に感じる曲を披露。

 日米音楽隊は「音楽を通じた友情~新たな時代の幕開け~」をテーマに、ダイナミックなパフォーマンスを披露し、聴衆を魅了した。開演前には、初めてロビーで日米合同ミニジャズコンサートを開き、拍手を浴びた。

 15音のフルート奏者、中村1士は「緊張したが、楽しく演奏できた。今回初めて日米合同で演奏し、話す言葉は違っても音楽を通じてお互いの意思を伝え、友情を育めた」と述べた。米海兵隊第3海兵機動展開部隊音楽隊のフルート奏者、ブルーム伍長は「私にとって3回目、そして最後の日米ジョイントコンサートになるが、15音と一緒に演奏し、音楽を通じて世界中の人とつながっていることを感じ、うれしく思う」と話していた。

画像2: 「友情」テーマに日米コンサート|陸自15旅団
画像3: 「友情」テーマに日米コンサート|陸自15旅団
画像4: 「友情」テーマに日米コンサート|陸自15旅団

◆関連リンク
陸上自衛隊 第15旅団
https://www.mod.go.jp/gsdf/wae/15b/15b/



This article is a sponsored article by
''.