豊川駐49普連(連隊長・前野1陸佐)は1月6日、中方後支隊306普通科直支中隊と共に訓練始めを行い、近郊の三ヶ根山(さんがねさん)登山を実施した。三ヶ根山は西尾、蒲郡両市と幸田町の境界に位置し、山頂からは三河湾を見下ろせる。展望台近くには、先の大戦で亡くなった先人の慰霊碑などが建立されている。

 連隊本部を先頭に各中隊が登山口を出発して前進。隊員たちは、朝日を背に意気揚々と山道を登り、頂上を目指した。山頂に到着後、各々が周辺をしばらく散策。全隊員で美しい景色を背景にガッツポーズで記念撮影し、1年のスタートとなる訓練を締めくくった。

 前野連隊長は「頂上からのすばらしい展望を目標達成のイメージとし、令和4年度の連隊検閲を目標に、気持ち新たに今年も頑張っていこう」と訓示。隊員一同、気持ちを一つにして新しい1年の飛躍を誓った。

画像1: 訓練始めで登山 1年の飛躍誓う|豊川駐屯地
画像2: 訓練始めで登山 1年の飛躍誓う|豊川駐屯地
画像3: 訓練始めで登山 1年の飛躍誓う|豊川駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 豊川駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/butai/sta/toyokawa/



This article is a sponsored article by
''.