【北海道】名寄駐3普連(連隊長・山﨑1陸佐)新隊員教育隊は9月3日、名寄演習場で新隊員26人に対し、令和2年度「新隊員特技課程及び一般陸曹候補生課程後期教育」の総合訓練を実施した。新隊員に戦闘員としての基礎的事項を習得させることが目的。(他写真9枚)

 新隊員たちは、約3カ月間の教育で培った技術や体力を存分に発揮し、全力で訓練に臨んだ。攻撃では、迫撃砲区隊の女性隊員の砲迫による射撃支援の下、軽火器区隊の隊員が前進。全隊員が連隊長の統率方針である「敵殲滅(せんめつ)全員生還」を心に刻み、敵陣地の奪取に成功した。

 訓練を終えた新隊員の一人は、達成感に満ちあふれた表情で「国を守るということが本当に大変なことだと改めて感じた。教育修了まで同期と一緒に頑張っていく」と述べた。

 名寄駐広報班は「新隊員26人は、一人前の自衛官となるための大きな一歩を踏み出した」としている。

 <防衛日報 2020年10月6日(火)2面>

画像1: 新隊員総合訓練 女性隊員が砲迫で射撃支援|名寄駐屯地
画像2: 新隊員総合訓練 女性隊員が砲迫で射撃支援|名寄駐屯地
画像3: 新隊員総合訓練 女性隊員が砲迫で射撃支援|名寄駐屯地
画像4: 新隊員総合訓練 女性隊員が砲迫で射撃支援|名寄駐屯地
画像5: 新隊員総合訓練 女性隊員が砲迫で射撃支援|名寄駐屯地
画像6: 新隊員総合訓練 女性隊員が砲迫で射撃支援|名寄駐屯地
画像7: 新隊員総合訓練 女性隊員が砲迫で射撃支援|名寄駐屯地
画像8: 新隊員総合訓練 女性隊員が砲迫で射撃支援|名寄駐屯地
画像9: 新隊員総合訓練 女性隊員が砲迫で射撃支援|名寄駐屯地


This article is a sponsored article by
''.