菅内閣の岸信夫新防衛大臣は9月17日午後、東京・市ヶ谷の防衛省で行われた着任式に臨み、同省幹部職員らを前に「全力で職務に邁進(まいしん)する」と訓示。大臣としてのスタートを切った。一方、河野太郎前大臣は午前中の離任式で感謝の言葉を述べるとともに、「有事に働ける自衛隊を作るため、バックアップする」などと最後のあいさつを行い、防衛省を後にした。(他写真4枚)


This article is a sponsored article by
''.