河野太郎防衛大臣は9月14日、自衛隊の航空機などが「我が国の防衛や警備に影響を及ぼすおそれがある空中における識別不能の物体を確認した場合」の対処方法をまとめ、防衛省や自衛隊に文書で指示した。


This article is a sponsored article by
''.