【北海道】名寄駐3普連は7月31日、武本康博1陸佐の離任式を、8月3日、山﨑潤1陸佐の着任式を実施した。(他写真各6枚)

第35代連隊長兼駐司令の武本康博1陸佐の離任式

 名寄駐3普連は7月31日、同駐で第35代連隊長兼駐司令の武本康博1陸佐の離任式を実施した。2師団長の森下陸将から紹介を受けた武本連隊長は、巡閲して隊員一人ひとりのまなざしを確認。言葉を詰まらせながらも「朔北最強の3普連での勤務は一生の思い出。新連隊長の山﨑1佐を核心として、さらなる精強な部隊を目指してもらいたい」と離任の辞を述べた。

 続く観閲行進では、各中隊に感謝の意を込めて力強く敬礼した後、慰霊碑前で献花、拝礼を行った。

 最後に営門前で2年8カ月間務めた3普連長として最後の敬礼を行い、名寄駐所在の全隊員に盛大に見送られた。

 <防衛日報 2020年9月1日(火)2面>

画像1: 第35代連隊長兼駐司令の武本康博1陸佐の離任式
画像2: 第35代連隊長兼駐司令の武本康博1陸佐の離任式
画像3: 第35代連隊長兼駐司令の武本康博1陸佐の離任式
画像4: 第35代連隊長兼駐司令の武本康博1陸佐の離任式
画像5: 第35代連隊長兼駐司令の武本康博1陸佐の離任式
画像6: 第35代連隊長兼駐司令の武本康博1陸佐の離任式

第36代連隊長兼駐司令の山﨑潤1陸佐の着任式

 名寄駐3普連は8月3日、同駐で第36代連隊長兼駐司令の山﨑潤1陸佐の着任式を実施した。

 山﨑新連隊長は、名寄駐内の慰霊碑前で献花後、登庁。森下2師団長から紹介された後、着任式では、「日本で最も精強で、最高の部隊であると言える部隊を目指す。そのため、誰よりも情熱を持ち、先頭に立つ。最後に、手柄は部下へ、名誉は上司に、責任は私が取る」と着任の辞を述べた。続く観閲行進では、徒歩行進をする各中隊に対し、これからの思いを込め、力強く敬礼した。

 3普連は「新連隊長を核心とし、歴史と伝統に輝き、先進装備を保有した朔北の精強部隊としてさらに邁進(まいしん)していく」としている。 

 <防衛日報 2020年9月1日(火)2面>

画像1: 第36代連隊長兼駐司令の山﨑潤1陸佐の着任式
画像2: 第36代連隊長兼駐司令の山﨑潤1陸佐の着任式
画像3: 第36代連隊長兼駐司令の山﨑潤1陸佐の着任式
画像4: 第36代連隊長兼駐司令の山﨑潤1陸佐の着任式
画像5: 第36代連隊長兼駐司令の山﨑潤1陸佐の着任式
画像6: 第36代連隊長兼駐司令の山﨑潤1陸佐の着任式

◆関連リンク
陸上自衛隊 名寄駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/unit/butai/nayoro/index/index.html



This article is a sponsored article by
''.