埼玉地本(本部長・山下1空佐)は7月17日から21日の間、32普連重迫撃砲中隊(大宮駐)が朝霞駐で実施した令和2年度「第1回予備自衛官5日間招集訓練」を支援した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、出頭調整が予定より大幅に遅れたが、予備自たちは短い期間でそれぞれの勤務先と調整。54人が出頭した。(他写真3枚)


This article is a sponsored article by
''.