【宮城】仙台駐業務隊(隊長・佐々木1陸佐)は7月5日、各種行動で必要とされる小銃至近距離射撃を初めて実施した。陸自の射撃訓練検定基準の改正に伴い、今年度から全隊員共通で至近距離射撃検定の実施が義務付けられた。


This article is a sponsored article by
''.