【京都】福知山駐7普連(連隊長・小野田1陸佐)は7月8日、京都府警察伏見留置センター防災訓練を支援した。訓練は、警察が新型コロナウイルスへの対策を強化するために実施。京都府警からは留置管理課や警察署の対策担当者ら約30人、7普連は衛生小隊長の緒方2陸尉以下約10人が参加した。(他写真8枚)


This article is a sponsored article by
''.