福島駐44普連(連隊長・土肥1陸佐 ※『土』は正しくは土の右上に点)は6月5日、同駐で自衛官候補生課程72人の「戦闘訓練練度評価」を実施した。

 4月に入隊し、さまざまな教育を受けてきた自候生たちは、毎日歯をくいしばり、訓練に励んできた。戦闘訓練の練度評価は自候生課程教育の集大成といえる訓練で、自候生は各自しっかり準備を整え、気合を入れて臨んだ。

画像1: 自候生72人が戦闘訓練「自信と達成感」|福島駐屯地

 当日は日差しが厳しく、気温も高かったが、今までの練成成果を存分に発揮し、任務を完遂した。

 44普連広報班は「自候生たちの顔は自信と達成感で満ちあふれていた」としている。

画像2: 自候生72人が戦闘訓練「自信と達成感」|福島駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 福島駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit_hp/fukushima_hp/



This article is a sponsored article by
''.