新潟地本(本部長・大倉1陸佐)は、新型コロナウイルス感染症拡大防止により広報イベントなどが中止・延期となる中、インターネットを活用した広報活動を強化している。

 地本はこれまで、公式ホームページをほぼ毎日更新。各種募集案内のほか、プラモデルを用いて自衛隊の装備品などを紹介する「元戦車中隊長の模型部屋」、広報官の日常やご当地ネタなどを紹介するコーナーを設け、好評を博してきた。

 4月22日には、ホームページのさらなる認知度向上と募集対象者への情報提供を目標に、公式ツイッターでのPR動画の配信を開始。5月22日には再生回数1万3000回を記録した。フォロワーからは、「新潟地本の動画が凝っている」「HPもこまめに更新されているので毎日楽しみ」などのコメントが寄せられた。

 広報担当者は、「ホームページやツイッターにはファンも多く、手応えとやりがいを感じている。これからも楽しみながら自衛官募集の情報や自衛隊の魅力を紹介できるよう工夫したい」と述べた。

 新潟地本は「地元の英雄である上杉謙信公が考案したとされる『車懸(くるまかか)りの陣』は、円形の陣から絶え間なく攻撃を加え続けて相手に衝撃を与える戦法だが、インターネットを活用した電子広報でも『車懸り』のように常に新しい情報を発信し続け、自衛隊に興味を持ってもらえるように努めていく」としている。

画像: 毎日更新のホームページが好評|新潟地本

◆関連リンク
自衛隊 新潟地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/niigata/HP/index.html

元戦車中隊長の模型部屋 - 新潟地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/niigata/HP/mokei.html



This article is a sponsored article by
''.