秋田地本(本部長・大久保1空佐)は5月25日、秋田駐で就職援護教育と就職補導教育を実施した。退職予定隊員に再就職のために必要な基礎的知識などを付与するのが目的。今回は令和2年度の定年退職予定隊員4人と任期満了退職予定隊員ら30人が参加した。教育は年4回の計画で、今回が1回目。


This article is a sponsored article by
''.