静岡地本(本部長・宮川1空佐)は5月13日、板妻駐で行われた34普連自衛官候補生課程教育の「防護マスク装脱面訓練」を取材した。訓練は、自候生に有毒ガスなどから身を守る防護マスクの性能を身を持って体感させるのが目的。104人が参加した。(他写真1枚)


This article is a sponsored article by
''.