大分地本(本部長・井村1陸佐)は日ごろより、県出身の殉職隊員の命日に合わせ、大分県自衛隊遺族会会員(32遺族)の自宅を訪問している。殉職隊員の冥福を祈るとともに、遺族の近況などを確認するのが目的。また、訪問時には供花料を手渡している。


This article is a sponsored article by
''.