【静岡】空自浜松基地(司令・熊谷空将補)は今年2月、静岡県の食品会社と共同で「浜松基地空自空上げ缶詰」を開発した。

 航空自衛隊では、鶏の唐揚げを「より上を目指す」という意味で「空上げ」と呼び、全国の基地が給食メニューに取り入れてきた。浜松基地でも、毎月最終金曜日の給食や各行事などに独自のレシピによる「空自空上げ」を提供し、好評を博している。

 今回は、浜松基地監修の下、「うなぎ蒲焼味」と「三ケ日(みっかび)みかん味」の2種類の缶詰化が実現した。

 うなぎ蒲焼味は、国産若鶏を一口大にカットし、にんにく、生姜、香辛料を効かせたスパイシーな醤油味で漬け込んだ後、衣をまぶして香ばしく揚げ、浜名湖産うなぎの粉末を隠し味に、甘くて濃厚なうなぎの蒲焼風のタレで仕上げた。

 一方、三ケ日みかん味は、一口大にカットした国産若鶏をスパイシーな醤油味に漬け込んでから香ばしく揚げ、三ケ日みかんを使った、フルーティーな甘さと爽やかな酸味の効いた醤油系のタレで仕上げた。それぞれが、浜松の名物を生かした地産地消の自信作だ。

 缶詰のパッケージは、人気の「ブルーインパルス」を使用した鮮やかな色合いで、デザインも斬新。「海軍カレー」のように、お土産としても人気が出そうだ。賞味期限も2年間と長く、保存食としても活用できる。

 価格は2缶セットで540円(税込み)。浜松基地内、浜松広報館(エアパーク)、東名高速のサービスエリアや共同開発した企業のネット通販などで静岡県内を中心に販売されている。今後、全国の航空祭での販売も予定しているという。

 浜松基地広報班は「全国の皆様に喜んでいただき、空自空上げのファンが増えることを期待しています」と話している。


◆関連リンク
航空自衛隊 浜松基地
https://www.mod.go.jp/asdf/hamamatsu/

浜松基地|浜松基地グルメ
https://www.mod.go.jp/asdf/hamamatsu/karaage/index.html



This article is a sponsored article by
''.