【北海道】名寄駐3普連(連隊長・武本1陸佐)は5月7日から14日の間、鬼志別演習場の春季定期整備を実施した。整備は「北海道の道場化」を推進するのが目的。隊員347人が参加した。(他写真9枚)

 各中隊は、連隊長の要望事項である(1)より効果的な教育訓練に資する演習場整備を実施せよ(2)作戦遂行能力を向上させよ(3)各種管理態勢を確立せよ―の3点に基づき整備に臨んだ。

 隊員たちは、指揮の要訣に基づく実員指揮、基本基礎の徹底、状況の変化に応じた整備と安全管理を万全にし、訓練基盤の充実を目指して作業にあたり、各種訓練施設や道路の整備・補修など、作戦基盤の充実を重視した整備を実施。作戦運用の実効性を向上させた。

 また、演習場整備と並行し、隊務の総合一体化施策として各種訓練を行い、個人と部隊の作戦遂行能力の向上を図った。

 整備の終盤には幕僚副長(防衛)の池田陸将補と2師団副長の垂水陸将補が訪れ、整備状況を確認するとともに隊員を指導。その上で、垂水副師団長が特に優秀だった隊員5人を表彰した。

 3普連は「引き続き作戦基盤の充実を図るとともに、任務の完遂に努めていく」としている。

 <防衛日報 2020年5月27日(水)2面>

画像1: 鬼志別演習場を春季定期整備|名寄駐屯地
画像2: 鬼志別演習場を春季定期整備|名寄駐屯地
画像3: 鬼志別演習場を春季定期整備|名寄駐屯地
画像4: 鬼志別演習場を春季定期整備|名寄駐屯地
画像5: 鬼志別演習場を春季定期整備|名寄駐屯地
画像6: 鬼志別演習場を春季定期整備|名寄駐屯地
画像7: 鬼志別演習場を春季定期整備|名寄駐屯地
画像8: 鬼志別演習場を春季定期整備|名寄駐屯地
画像9: 鬼志別演習場を春季定期整備|名寄駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 第3普通科連隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/unit/butai/3i/index/index.html

陸上自衛隊 名寄駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/unit/butai/nayoro/index/index.html



This article is a sponsored article by
''.