【奈良】空自奈良基地幹部候補生学校(学校長・藤永空将補)は4月3日、一般幹部候補生(防大および一般・部内)課程と医科歯科看護科幹部候補生課程の入隊・入校式を行った。空幕長の丸茂空将をはじめ、航空教育集団幕僚長の荒木空将補、奈良地本長の熊井事務官らが臨席した。

 式では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参列人数を限定し、来賓や入校生家族の参加は控えてもらった。また、式場の換気を十分に行い、学生同士の間隔を空けて社会的距離を確保した。参列者たちはマスクを着用し、最大限、感染防止の措置をとった。

 幹候校は、防大や防医大の卒業生のほか、一般大学を卒業し入校試験に合格した者に対し、幹部自衛官としての資質を養うとともに、初級幹部として職務を遂行するのに必要な知識と技能を習得させるための教育訓練を行う。今年度から、これまで別々に教育していた「防大課程」と「一般課程」が統合された。

 学生たちは、集団生活を送りながら防衛基礎学や戦術、戦史、戦技訓練、服務、防衛教養、実技、英語などの科目を学ぶ。教育後、一般幹候生は3尉(大学院修士課程修了者で院卒者試験に合格した者、医科・歯科幹候生、6年生の薬剤科幹候生は2尉)に昇任する。

画像1: 空自幹部候補生学校 入校式|空自奈良基地
画像2: 空自幹部候補生学校 入校式|空自奈良基地
画像3: 空自幹部候補生学校 入校式|空自奈良基地
画像4: 空自幹部候補生学校 入校式|空自奈良基地

◆関連リンク
奈良基地|防衛省[JASDF]航空自衛隊
https://www.mod.go.jp/asdf/nara/

幹部候補生学校|奈良基地|防衛省[JASDF]航空自衛隊
https://www.mod.go.jp/asdf/nara/01about_nara_base/03aocs/index.html



This article is a sponsored article by
''.