【山形】神町駐20普連(連隊長・梶1陸佐)は3月27日、第138期陸曹候補生選抜筆記試験を行った。受験したのは第7~12期一般陸曹候補生と第138期陸曹候補生受験資格者の計50人。

 試験問題は自衛隊課目や一般教養で構成され、受験者たちは開始直前まで資料を見返して復習に励んだ。中隊の陸曹長2人が試験官を担任し、厳正な態勢の下に試験がスタート。緊張した表情で問題に挑んだ。50人のうち、日々の勉強の成果を発揮した27人が合格となった。

 合格者は4月3日に同駐体育館と営庭で行われた2次試験(体力検定)を受験。共通体力検定(3000メートル走・腕立て伏せ・腹筋)と、戦技などに直結する体力検定(重量物運搬・50メートル疾走・跳躍)の計6種目に臨み、日々の練成成果を発揮した。

 一方、4月1日に行われた第98期(女性自衛官)陸曹候補生選抜筆記試験は3人が受験。合格者は2次試験に進む。 

 

画像: 陸曹選抜試験に隊員50人|神町駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 第20普通科連隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit_hp/20i_hp/index.html

陸上自衛隊 神町駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit_hp/jinmachi_hp/index.html



This article is a sponsored article by
''.