画像1: 部隊長ら70人、新型コロナ対応訓練|金沢駐屯地

 【石川】金沢駐(司令・根本1陸佐)は4月7日、同駐所在部隊の隊長や先任者ら約70人を対象に、新型コロナウイルス感染症対応訓練を行った。万が一、隊員が感染した場合に、安全かつ円滑な対応を施すのが目的。

 衛生小隊と業務隊の隊員は、部隊長らに対し、患者発生時の上級部隊への報告、要健康監視隊員の指定や隔離、感染防護衣の着脱と消毒、患者の管理要領などをそれぞれ展示説明し、認識の統一を図った。

 最後に根本司令が、「各諸所が連携を密にして情報をしっかり共有し、駐屯地一丸となって対処要領を具現、徹底していくことが重要だ」と述べ、駐屯地全隊員の感染症に対する防疫意識の高揚を図った。

画像2: 部隊長ら70人、新型コロナ対応訓練|金沢駐屯地
画像3: 部隊長ら70人、新型コロナ対応訓練|金沢駐屯地
画像4: 部隊長ら70人、新型コロナ対応訓練|金沢駐屯地
画像5: 部隊長ら70人、新型コロナ対応訓練|金沢駐屯地
画像6: 部隊長ら70人、新型コロナ対応訓練|金沢駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 金沢駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/butai/sta/kanazawa/


This article is a sponsored article by
''.