画像1: 「こおるどフェスタ」を支援、自衛隊PR|和歌山地本

 和歌山地本(本部長・鍋田事務官)は2月2日、和歌山県立紀北青少年の家で開催された第16回「こおるどフェスタ in 紀北」を支援した。このフェスタは、地域の青少年グループが活動を発表する場でもあり、子供からお年寄りまで多くの来場者で賑わう恒例の冬祭り。今年は「感動と耐寒と体験!」をテーマに行われた。

 地本は会場に装備品を展示。来場者は迫力ある車両に見入っていた。ブースでは、自衛官の制服試着や隊員が背負う背のうを体験するコーナー、缶バッジ作りが人気となり、子供や親子連れら約200人が訪れた。地本マスコットキャラクターの「みかんの助」が子供たちとふれあい、記念撮影にも応じてイベントを盛り上げた。

 来場者からは「缶バッジ作りが楽しかった」「隊員の背負うリュックがこんなに重いとは思わなかった」などの声が聞かれた。

 和歌山地本は「今回の広報で19件の新規募集情報を獲得できた。引き続き、地域住民に自衛隊を積極的にPRしていく」と話している。

画像2: 「こおるどフェスタ」を支援、自衛隊PR|和歌山地本
画像3: 「こおるどフェスタ」を支援、自衛隊PR|和歌山地本
画像4: 「こおるどフェスタ」を支援、自衛隊PR|和歌山地本
画像5: 「こおるどフェスタ」を支援、自衛隊PR|和歌山地本
画像6: 「こおるどフェスタ」を支援、自衛隊PR|和歌山地本

◆関連リンク
自衛隊 和歌山地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/wakayama/


This article is a sponsored article by
''.