画像1: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本

 三重地本(本部長・濵岡1陸佐)は2月8、9の両日、海自掃海隊群の支援を得て松阪港で掃海艇「えのしま」と「ひらしま」の体験航海を行うとともに、11日に四日市港で掃海艦「ひらど」と掃海母艦「ぶんご」の特別公開を行った。

 松阪港の体験航海は2日間で約160人が乗艇。三重県津市から父親と共に参加した竹岡惺南君(小3)の「出港よーい!」の元気な掛け声で出港。乗艇者は普段眺めることのできない海からの景色を楽しんだ。航海中、艇内では、機雷を処理する掃海作業に使う機材の説明、ラッパ吹奏や防火服の展示が行われ、乗艇者は掃海作業の重要性に理解を示していた。

 四日市港の特別公開は約230人が2隻に乗艦。ぶんごでは、母艦としての高い浄水能力や再圧タンク装置など様々な機能が備わっていることを研修した。

 参加者からは「危険な作業の安全性を高めるための工夫がすごい」「乗組員の明るく丁寧で真摯な態度に感動した」「隊員の方がとても優しくて面白かった。イメージが変わった」などの感想が聞かれた。

 三重地本は「これからも多くの市民に自衛隊活動を理解してもらえるように様々な広報を計画し、自衛隊の魅力を伝えていく」と話している。

画像2: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像3: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像4: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像5: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像6: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像7: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像8: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像9: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像10: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像11: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像12: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像13: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本
画像14: 海自掃海艇 体験航海・広報に390人|三重地本

◆関連リンク
自衛隊 三重地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/mie/

掃海艇「えのしま」型|水上艦艇|装備品|海上自衛隊〔JMSDF〕オフィシャルサイト
https://www.mod.go.jp/msdf/equipment/ships/msc/enoshima/

掃海艇「ひらしま」型|水上艦艇|装備品|海上自衛隊〔JMSDF〕オフィシャルサイト
https://www.mod.go.jp/msdf/equipment/ships/msc/hirashima/

海上自衛隊 掃海艦ひらど
https://www.mod.go.jp/msdf/mf/other/butai/hp/1md/hrd/index.html

海上自衛隊 掃海母艦ぶんご
https://www.mod.go.jp/msdf/mf/other/butai/hp/3md/bungo/index.html



This article is a sponsored article by
''.