画像: 女性の視点から自衛隊PR|新潟地本

 新潟地本佐渡駐在員事務所(所長・渡部准空尉)は、7月13日から8月19日の間、空自6空団から臨時勤務職員として派遣されてきた佐渡島出身の女性自衛官、近松智美1空士(306飛行隊所属)と共に募集活動最盛期の広報を展開した。

 近松1士が初めて出勤した日、渡部所長は200枚の名刺型募集チラシなどを手渡し、「地元出身の女性自衛官であることを売り込み、募集をPRしてほしい」と述べた。近松1士は各高校を訪問するとともに、合同企業説明会にも参加し募集を広報。艦艇広報や音楽隊コンサートにも参加し、自衛隊が推進する男女共同参画やワークライフバランスを女性の視点から丁寧に説明した。

 朝夕、制服姿で自転車通勤する近松1士の姿は地域住民から注目され、女性志願者の獲得など佐渡所の自衛官募集に大きく貢献した。


◆関連リンク
自衛隊 新潟地方協力本部 佐渡駐在員事務所
http://www.mod.go.jp/pco/niigata/HP/sado.html



This article is a sponsored article by
''.