画像: 募集対象の女性に海自PR|宮城地本

 宮城地本(本部長・古屋1陸佐)は9月29日、塩釜港西埠頭で開催された「みなと塩竃 ゆめ博 2018」に合わせて来航した海自横須賀地方隊所属の掃海艇「ちちじま」、多用途支援艦「えんしゅう」の一般公開終了後に海自女性自衛官の協力を得て、女性募集対象者11人とその家族との懇談会を開き、海自をアピールした。

 懇談会に参加したのは今年3月に女性で初めて掃海艇の艇長になった岡田茜1海尉(ちちじま艇長)、茶谷馨織3海曹(えんしゅう乗員)、福島環1海士(同)。

 募集対象者が「海上自衛隊に入って最初の仕事は」「今までで一番長かった航海は」「入隊するときに親から反対されなかったか」などと質問。岡田1尉らが体験談を交えて分かり易く丁寧に答えた。懇談会後、女性用浴場や居住スペースなども見学し、生活環境の一端を体感した。

 宮城地本は「女性が海自でも活躍していることを募集対象の女性にPRすることができた」としている。


◆関連リンク
自衛隊 宮城地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/miyagi/



This article is a sponsored article by
''.