画像: 防衛大1次試験に290人|愛知地本

 愛知地本(本部長・石丸1陸佐)は、11月3、4日の両日、名古屋市の専門学校や西三河総合庁舎などの3会場で「平成31年度入校防衛大学校学生一般採用第1次試験」を実施した。県内290人の受験者が将来の幹部自衛官を目指し試験に臨んだ。

 受験者は緊張した表情で受付を済ませると、会場では試験開始直前まで参考書を何度も読み返したり、目を閉じて精神統一したりしていた。試験が開始されると、受験者は終了まで合格を目指し熱心に取り組んでいた。

 受験者からは「絶対に合格する」「防衛大学校でいろいろ学び、幹部自衛官になって海外で勤務したい」などの話があった。

 愛知地本は「部員一丸となり厳しい募集環境を克服し、優秀な人材の確保に努めていく」としている。


◆関連リンク
自衛隊愛知地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/aichi/



This article is a sponsored article by
''.