画像: 女性自衛官 母校で広報|東京地本

 東京地本台東出張所(所長・紺野1陸尉)は10月17日、今年3月に文京学院大学女子高校を卒業して自衛隊に入隊した三木美徳2陸士(朝霞駐東方通信群320基地通信中隊松戸派遣隊所属)の協力を得て初めて同校を訪問し、自衛隊を広報した。

 三木2士は元担任の教諭や進路支援部の教諭らと面会。元担任らは「短期間で堂々とした話し方になった」と入隊後の成長に喜んでいた。

 三木2士は部隊での生活や訓練などを紹介するとともに、「時間の使い方などを自衛隊生活で学んだ」と話すと、教諭が「ぜひ生徒の前に立って自衛隊での経験を話してほしい」と要望した。

 教壇に立った三木2士が後輩の1年生約30人に対し自衛隊の魅力や苦しかったこと、自衛隊に入隊して成長を実感できたことなどを紹介すると、生徒たちは先輩の話に真剣な表情で聞き入っていた。

 台東所は「これからも隊員の母校を訪問して自衛隊をPRし、一人でも多くの入隊希望者を獲得できるよう募集広報を実施していく」としている。


◆関連リンク
自衛隊 東京地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/tokyo/



This article is a sponsored article by
''.