画像: 山口駐音楽隊が聴衆を魅了|山口地本

 山口地本(本部長・川名1空佐)は11月4日、宇部市で開催された第67回「宇部まつり」に広報ブースを設け、自衛隊をアピールした。前夜祭と合わせ約23万5000人が楽しんだ。

 地本宇部地域事務所広報官は防災フェアで、山口駐17普連の協力を得て指揮通信車や偵察用オートバイなどを展示した。ミニ制服試着コーナーは多くの家族連れの列ができ、それぞれ気に入った陸海空自の制服を着て車両を背景に記念撮影を楽しんでいた。

 山口駐音楽隊と山口維新太鼓はオープニングパレードやステージイベントなどで演奏し、拍手を浴びた。また音楽隊は防災フェアの特別企画で消防団と共同演奏を披露し、幅広い世代に親しまれている楽曲と美しい音色で多くの聴衆を魅了した。

 山口地本は「これからもさまざまなイベントに積極的に参加し、地域住民に自衛隊をアピールしていく」としている。


◆関連リンク
自衛隊 山口地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/yamaguchi/



This article is a sponsored article by
''.