画像1: 掃海管制艇「ゆげしま」で体験航海|大分地本

 大分地本(本部長・久田1陸佐)は、12月8、9日の両日、別府国際観光港で海自掃海管制艇「ゆげしま」(101掃海隊所属)の支援を得て、募集対象の若者ら148人に対し体験航海を行った。

 「出港用意」の号令は大分市の平本颯汰君(小5)が務めた。

 将来の夢は「海上自衛官になること」という平本君は、緊張しながらも元気よく号令を発し、ゆげしまは別府湾内クルーズへと出発した。

 艇内ではラッパ吹奏、ロープの結び方体験なども行われ、若者からは「貴重な体験ができて、とても楽しかった」「乗員が質問に丁寧に答えてくれて海自を身近に感じた」などの話があった。

 大分地本は「今後も海自と連携し、趣向を凝らした募集広報で入隊者の獲得に全力を尽くす」としている。

画像2: 掃海管制艇「ゆげしま」で体験航海|大分地本

◆関連リンク
自衛隊 大分地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/oita/

海上自衛隊 掃海隊群
http://www.mod.go.jp/msdf/mf/



This article is a sponsored article by
''.