画像: 子どもたち300人 凧あげ楽しむ|霞目駐屯地

 霞目駐(司令・三浦1陸佐)は1月12日、同駐で町内会連絡協議会と共に新春凧あげ大会を開催した。今年が45回目で、地域住民や子供たち約300人が参加。

 子供たちは凧に思い思いの絵や文字を描き、隊員と一緒に完成させると、寒さをものとせず、普段は立入りができない滑走路や駐機場で元気に凧揚げを楽しんだ。

 同駐は凧のデザインや揚がった高さを審査し、子供、一般、部隊の各部を表彰した。また子供たちは「コマまわし」や「かるた」など正月の伝統的な遊びも楽しみ、満足していた。

 同駐はヘリコプターや救難消防車などの装備品を展示。隊員はお汁粉を振る舞い、好評だった。


◆関連リンク
陸上自衛隊 霞目駐屯地
http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/neaavn/



This article is a sponsored article by
''.