画像: 新成人隊員が万歳三唱|愛知地本

 愛知地本(本部長・石丸1陸佐)は1月12日、北名古屋市文化勤労会館大ホールで行われた「平成31年 北名古屋市 成人のつどい(成人式)」に出席した約750人の新成人に自衛隊をPRした。

 式典で、県会議員の水野富夫氏が「成人のつどいに尽力してくれた新成人の実行委員のみなさん、本当にありがとう。本日はここに、志を持って自衛官を目指した方も自衛隊の制服を着て参加してくれているので紹介します。実行委員の皆さんと共に壇上に上がってください」と紹介を受け、女性自衛官の釼持柚未華(けんもつ・ゆみか)陸士長(伊丹駐36普連重迫撃砲中隊所属)が自衛隊の制服姿で登壇。新成人代表して壇上で万歳三唱を行った。

 釼持士長は「今日会場に集まった同年代の方々は大学生、専門学校生など学生が多く、制服を着て自衛隊をPRできてとても良かった。今回、参加している成人の皆様にも自衛隊が将来の選択肢となればとても嬉しいです」と、笑顔で話した。

 式典に同席した母・和江さんは「多くの方が着物を着て参加する中、国防に携わる自衛官として制服で参加した娘がとても誇らしいです」と、目頭を押さえながら語った。

 愛知地本は「厳しい募集環境を克服し、部員一丸、あらゆる機会で自衛隊をPRし、優秀な人材を確保していく」としている。


◆関連リンク
陸上自衛隊 姫路駐屯地
http://www.mod.go.jp/pco/aichi/



This article is a sponsored article by
''.