画像: 「公安系お仕事フェア」を開催|熊本地本

 熊本地本(本部長・濱田1陸佐)は1月26日、熊本地方合同庁舎で熊本海上保安部、熊本県警本部、熊本市消防局と共に「公安系公務員のお仕事フェア」を開催し、大学生に自衛隊への志願意欲の向上を図った。県内での4機関合同説明会は初めて。

 参加した大学生ら35人に職業紹介、座談会、自由訪問の3部構成で実施。職業紹介で学生はメモを取りながら真剣に説明に聞き入った。

 座談会では、学生が全てのブースを訪問できるようにした。参加者を4グループに分け各機関のブース全てを訪問できるようローテーションを組んで案内した。

 自衛隊ブースでは、学生から「入隊者は18歳が一番多いのか」「陸自のインターンシップがあるのを初めて知ったので、参加してみたい」などの話が出た。

 学生との個別相談も行われ、広報官に対し、ある学生は「公務員に関心があって参加した。自衛隊にも関心を持ったので、受験しようと思った」と話していた。

 熊本地本は「今後も多くの学生に自衛隊の活動や魅力などをPRし、熊本県から自衛隊に入隊する若者の増加に尽力していく」としている。


◆関連リンク
自衛隊 熊本地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/kumamoto/



This article is a sponsored article by
''.