画像1: 20人に富士駐部隊研修|山梨地本

 山梨地本(本部長・新宅1陸佐)は2月15日、この春陸自に入隊する若者20人を富士駐部隊研修に引率した。

 入隊予定者は、広報官から富士駐の概要説明を聞き、引き続き生活隊舎の居室や浴場、医務室などを見て回った。昼食はセルフサービスで料理を盛り付け、食べ終えた食器を洗浄機に入れることを体験した。

 広報官は、若者にデスクワークをする部署もあるのを理解してもらうため、富士学校学生課も見学してもらった。若者の一人は「自衛隊は泥まみれのイメージがあったが、事務的な仕事もやっているんだ」と話していた。

 総合火力教育訓練センター研修で若者たちは訓練展示を見た後、訓練に使用された機器に触れ、目標がどう見えるかを体験した。また屋内プールやレクリエーション施設、コンビニなども見て回った。

 若者からは「駐屯地から出なくても十分生活できるほど設備が充実していた」「入隊後に生活する施設を事前に見学でき、不安を解消できた」などの話があった。

 山梨地本は「今後も入隊予定者やその家族に安心してもらえるよう、事前説明会や部隊研修を行っていく」としている。

画像2: 20人に富士駐部隊研修|山梨地本
画像3: 20人に富士駐部隊研修|山梨地本
画像4: 20人に富士駐部隊研修|山梨地本
画像5: 20人に富士駐部隊研修|山梨地本
画像6: 20人に富士駐部隊研修|山梨地本

◆関連リンク
自衛隊 山梨地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/yamanashi/

陸上自衛隊 富士学校
https://www.mod.go.jp/gsdf/fsh/



This article is a sponsored article by
''.