画像1: 案内看板を新設し除幕式|金沢駐屯地

 金沢駐(司令・梨木1陸佐)は3月26日、同駐正門の「陸上自衛隊金沢駐屯地」と「第十四普通科連隊」の門標を掛け替えるとともに、新設した案内看板の除幕式を行った。

 梨木司令、14普連副長の前田2佐、各中隊長、最先任上級曹長の階元准尉、駐屯地諸隊の各部隊長、石川県能美市家族会の15人が参加した。

 掛け替え以前の門標は平成12年に設置された木製のもので、文字は当時の防衛庁長官だった石川県出身の故瓦力氏が初度視察の際に揮毫(きごう)した。その文字をかたどって、新たに耐久性に優れた砲金製の門標を製作した。

 同駐正門に続く県道に向けて新設した案内看板は、北陸3県に根ざし、あらゆる任務に立ち向かう隊員の心意気を表現。災害派遣などで他県から同駐を目指して前進する部隊や、各種イベントなどで駐屯地を訪れる市民らのために新設した。

画像2: 案内看板を新設し除幕式|金沢駐屯地
画像3: 案内看板を新設し除幕式|金沢駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 金沢駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/butai/sta/kanazawa/

陸上自衛隊 第14普通科連隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/butai/butai/14i/index.htm



This article is a sponsored article by
''.