画像1: 「避難訓練コンサート」を支援|大阪地本

 大阪地本(本部長・富崎陸将補)は1月18日、泉佐野市主催の「避難訓練コンサート」を支援した。避難訓練は「もしもコンサート中に大地震が発生したら…」の想定で行われ、市民ら約1200人が来場した。

 コンサートには海自東京音楽隊が出演。「交響的舞曲」や「サンチェスの子供たち」などの名曲を演奏した。リハーサルの際に音楽隊員から演奏指導を受けた中高吹奏楽部の生徒が、音楽隊の演奏に合わせ「パプリカ」の振り付けを披露して盛り上げた。

 コンサート後、避難訓練。泉佐野消防署の職員が避難経路などについて説明し、来場者が一斉に避難した。来場者からは「コンサート後の避難訓練は初めての体験」「災害はいつ起こるか分からないことを改めて肝に銘じた」などの声があった。

 大阪地本は「これからも地域や企業などのイベントを通して様々な広報活動を行い、広く自衛隊を知ってもらうとともに、防災意識の普及にも協力していく」と話している。

画像2: 「避難訓練コンサート」を支援|大阪地本
画像3: 「避難訓練コンサート」を支援|大阪地本
画像4: 「避難訓練コンサート」を支援|大阪地本

◆関連リンク
自衛隊 大阪地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/osaka/

海上自衛隊 東京音楽隊
https://www.mod.go.jp/msdf/tokyoband/

購読リンクPC 購読リンクSP

This article is a sponsored article by
''.