画像1: 空中機動訓練に隊員190人|高田駐屯地

 高田駐2普連(連隊長・榧野1陸佐)は、5月13日から17日の間、関山演習場で空中機動集中訓練を行った。参加した隊員は約190人。

 2普連は、空中機動力が強化された12旅団隷下の連隊としてCH47輸送ヘリコプター2機、UH60多目的ヘリ1機を使用し、各中隊ごとに特殊卸下(しゃが)やヘリボン、機内外搭載訓練などを行った。各中隊は12ヘリ隊との調整や命令下達、着陸地点の安全化や主力誘導を行った後、一連の戦闘行動を演練して空中機動能力向上を図った。

 16日は初動対処部隊の携行資材、トレーラ付高機動車と偵察用オートバイの積載を実施。12ヘリ隊の隊員らと共に、迅速・効率的に資材などを積載できるかを検証するとともにヘリ隊員と意見を交換し、初動対処能力向上のための資を得た。

画像2: 空中機動訓練に隊員190人|高田駐屯地
画像3: 空中機動訓練に隊員190人|高田駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊高田駐屯地
http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/1eb/5eg/



This article is a sponsored article by
''.