画像1: 競馬場でファンに自衛隊PR|函館地本

 函館地本(本部長・小幡1海佐)は6月2日、JRA函館競馬場に自衛隊広報ブースを設けるとともに、函館駐28普連の支援を得て野外炊具で調理したミニからあげ丼の試食提供を行った。災派時の炊き出し支援に活用されている野外炊具の能力を広く一般市民に知ってもらうのが狙い。食材はJRAから提供された。

 競馬場には約3600人の家族連れや競馬ファンが来場。地本はブースでミニ制服試着や軽装甲機動車の展示を行い、自衛隊をPRした。ミニからあげ丼の試食には長い行列ができ、「とてもおいしかった」「野外炊具の能力に驚いた」などの話があった。

 函館地本は「今後も地域や部隊などと連携をした広報で市民に自衛隊への関心や親近感を持ってもらい、募集基盤の拡充を図っていく」としている。

画像2: 競馬場でファンに自衛隊PR|函館地本
画像3: 競馬場でファンに自衛隊PR|函館地本
画像4: 競馬場でファンに自衛隊PR|函館地本

◆関連リンク
自衛隊 函館地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/hakodate/

陸上自衛隊 函館駐屯地
https://www.mod.go.jp/pco/hakodate/

函館競馬場 JRA
http://www.jra.go.jp/facilities/race/hakodate/



This article is a sponsored article by
''.