画像1: 准看護師課程学生が訓練|自衛隊札幌病院

 自衛隊札幌病院(病院長・大鹿陸将)は6月21日、初級陸曹特技課程准看護師の43・44期学生45人に対し行進訓練を行った。気力・知力・体力や団結力の向上を図るのが狙い。

 訓練は早朝5時の非常呼集で開始。学生たちは北海道大演習場島松地区の廠舎跡から約25キロ先の同真駒内射場地区すすき台を目指した。44期学生は、安全に留意しながら各種地形に応じて患者役の学生を担架搬送する訓練を行った。43期学生は各種地形に応じた通過要領のほか、敵や航空攻撃などの対処要領を演練しながら最後に3キロのハイポート行進で攻撃準備地域のすすき台に到着。引き続き攻撃目標のすすき台北側の敵に対して小銃分隊による攻撃を行い、一人の脱落者もなく訓練を終了させた。

画像2: 准看護師課程学生が訓練|自衛隊札幌病院
画像3: 准看護師課程学生が訓練|自衛隊札幌病院
画像4: 准看護師課程学生が訓練|自衛隊札幌病院
画像5: 准看護師課程学生が訓練|自衛隊札幌病院
画像6: 准看護師課程学生が訓練|自衛隊札幌病院
画像7: 准看護師課程学生が訓練|自衛隊札幌病院
画像8: 准看護師課程学生が訓練|自衛隊札幌病院

◆関連リンク
自衛隊 札幌病院
http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/hosp/



This article is a sponsored article by
''.