画像1: マラソン大会で演奏、給水支援|勝田駐屯地

 勝田駐(司令・鵜居陸将補)は1月26日、ひたちなか市で開催された第68回「勝田全国マラソン大会」に隊員を派遣し、運営を支援した。フルマラソンと10キロの2部門で行われ、市民ランナーたち約1万7000人が参加した。

 勝田駐は大会に先立ち、12月18日に同市と協定を締結。開会式、表彰式、閉会式、スタートとゴール時の音楽演奏支援をはじめ、7キロ地点に水トレーラを設置してランナーへの給水支援を実施したほか、コースの清掃も行った。

 勝田駐広報班は「大会運営の整斉円滑な実施に寄与するとともに、地元住民に自衛隊に対する理解と信頼を深めてもらうことができた」と話している。

画像2: マラソン大会で演奏、給水支援|勝田駐屯地
画像3: マラソン大会で演奏、給水支援|勝田駐屯地
画像4: マラソン大会で演奏、給水支援|勝田駐屯地
画像5: マラソン大会で演奏、給水支援|勝田駐屯地
画像6: マラソン大会で演奏、給水支援|勝田駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 施設学校(勝田駐屯地)
https://www.mod.go.jp/gsdf/shisetsu/es-hp/index.html

第68回勝田全国マラソン【公式】
https://katsutamarathon.jp/



This article is a sponsored article by
''.