画像1: 駐屯地納涼夏祭りに1万3000人|桂駐屯地

 桂駐(司令・榑林1陸佐)は8月2日、同駐を一般開放して恒例の「納涼夏祭り」を開催し、家族連れや浴衣姿のカップルなどが訪れ、訪れた過去最も多い1万3174人の地域住民と交流を深めた。

 イベント会場では京都学生祭典「京炎そでふれ」の演舞や、桂高校フォークソング部、桂駐軽音楽部の演奏が祭りを盛り上げた。34店の野外売店が夏祭りの気分を盛り上げた。また、曹友会が設けた「ちびっ子広場」では子供たちがストラックアウトや輪投げを楽しんだ。盆踊りで隊員たちが「炭坑節」「河内音頭」「江州音頭」「アンパンマン音頭」を住民と共に踊ると、会場はさらに盛り上がった。日没後、イベントの目玉である約300発の花火に観衆は大きな歓声を上げていた。

 一方、京都地本が会場の一角で隊員募集説明会を開き、多くの若者に募集をアピールした。

 広報班は「これからも地域住民に親しまれ、地域と共にある駐屯地を目指していく」としている。

画像2: 駐屯地納涼夏祭りに1万3000人|桂駐屯地
画像3: 駐屯地納涼夏祭りに1万3000人|桂駐屯地
画像4: 駐屯地納涼夏祭りに1万3000人|桂駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 桂駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/katsura/

自衛隊 京都地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/kyoto/



This article is a sponsored article by
''.