画像1: 中高生がパイロット訓練を体験|海自徳島航空基地

 海自徳島教育航空群(群司令・今泉1海佐)は、7月24日から26日の間、徳島航空基地で中高生を対象に2泊3日の「夏期海上自衛隊航空学校」を開いた。徳教空群が青少年広報の一環として毎年行っており、生徒に海自理解を深めてもらうのが狙い。参加したのは大阪府や兵庫、奈良、和歌山、岡山、徳島、香川、高知の各県から27人。

 生徒たちは起床時の総員起こし、課業整列、基本教練などの自衛隊生活を体験。訓練消火器を用いた消火やロープ結索も体験し、管制塔では管制官とパイロットとの交信の様子を見学。パイロットが訓練するシミュレータを体験した生徒からは「自衛隊のパイロットを目指したい」「自衛隊に入隊したい」など話があった。TC90練習機の体験搭乗では、眼下に広がる鳴門海峡の景色を堪能し、「貴重な体験ができた」と喜んでいた。生徒は「自衛隊の仕事が理解できた」「この体験を今後の生活で活かしたい」などと話していた。

 最終日、生徒たちは昼食で自衛隊カレーを堪能した後、基本教練で身に付けた節度ある態度で隊員の見送りに応え、基地を後にした。

画像2: 中高生がパイロット訓練を体験|海自徳島航空基地
画像3: 中高生がパイロット訓練を体験|海自徳島航空基地
画像4: 中高生がパイロット訓練を体験|海自徳島航空基地
画像5: 中高生がパイロット訓練を体験|海自徳島航空基地
画像6: 中高生がパイロット訓練を体験|海自徳島航空基地

◆関連リンク
海上自衛隊 徳島教育航空群
http://www.mod.go.jp/msdf/tokusima/


This article is a sponsored article by
''.