画像: 「29人全員 栄光のバッジ取れ」|高田駐屯地

 高田駐2普連(連隊長・榧野1陸佐)は8月20日、同駐で部隊集合教育「12旅団レンジャー」の訓練開始式を行った。訓練に臨むのは旅団管内の厳しい資格検査に合格した29人の隊員。

 担任官の榧野連隊長は「陸自において最も厳しい教育であるレンジャー教育に挑戦する諸官の姿を目の当たりにして大変心強く思う。我々も万全の教育態勢で諸官の真摯な思いに応えていく」と述べるとともに、(1)自ら困難に挑戦し、困難を克服せよ(2)バディを信頼し、バディの信頼に応えよ(3)安全管理を徹底せよ―を要望した。

 連隊長は指導部の隊員には「全身全霊、全人格をもって原石を磨き上げよ」と要望した上で、「学生長を核心とし、不撓不屈の意志をもって教育に臨み、29人全員で栄光に輝くレンジャーバッジをつかみ取ることを祈念する」と述べた。

 レンジャー学生たちは約11週間にわたり、レンジャー隊員として求められる強靭な体力・精神力、技術や戦術などを習得するため過酷な訓練に挑む。


◆関連リンク
陸上自衛隊高田駐屯地
http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/1eb/5eg/



This article is a sponsored article by
''.