画像1: プロバスケ公式戦 盛り上げる|熊本地本

 熊本地本(本部長・仲西1陸佐)は、10月4、5日の両日、県立総合体育館でのプロバスケットボールチーム「熊本ヴォルターズ」のホームゲームに初めて広報ブースを開設し、観衆に自衛隊活動をPRした。

 地本は、試合開始4時間前から会場入口付近にブースを設け、ミニ制服試着や缶バッジ作成などを行い、多くのサポーターに自衛隊理解を深めてもらう機会とした。

 サポーターからは「自衛隊の制服を初めて着た」「自衛隊に関心を持つよい機会となった」などの話があった。試合会場では、陸自8音楽隊がオープニングセレモニーや選手入場時に迫力の演奏を披露し、会場を盛り上げた。

 熊本地本は「今後、同チームと年1回コラボレーションする予定であり、引き続き様々なイベントを計画・実施し、住民の自衛隊理解を深めてもらうとともに、地域の活性化や自衛官志望者の獲得を図っていく」としている。

画像2: プロバスケ公式戦 盛り上げる|熊本地本
画像3: プロバスケ公式戦 盛り上げる|熊本地本

◆関連リンク
自衛隊 熊本地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/kumamoto/

陸上自衛隊 第8音楽隊
[](https://www.mod.go.jp/gsdf/wae/8d/butai/8band.html){: target="_blank" rel="noopener noreferrer" }

熊本ヴォルターズ
https://www.volters.jp/

広報大使 宮崎頌子さん | Twitter
https://twitter.com/shoochan0730



This article is a sponsored article by
''.